表示の見かた

受電パネル

着信した電話番号から顧客を特定して表示します。

対応履歴
選択している業務フォーマットの対応履歴一覧を表示します。
最新情報に更新
顧客情報やインシデントなど関連するデータを編集した場合、最新の情報に更新します。
編集
表示中の対応履歴を編集します。
削除
表示中の対応履歴を削除します。
業務フォーマット
表示する業務フォーマットを切り替えます。
ガイダンス
業務フォーマットごとにあらかじめ設定されたガイダンスを表示することができます。
設定方法は「ガイダンスを設定する」をご覧ください。
関連する顧客
電話番号から特定した顧客情報を表示します。
顧客テーブルに顧客情報が存在しない場合は、新たに顧客情報を登録することもできます。
]をクリックすると顧客情報の詳細ページを表示します。
関連するインシデント
インシデント管理テーブルに関連付けられたデータを表示します。
]をクリックすると、インシデント情報の詳細ページを表示します。
インシデントの管理方法が「インシデント管理専用のテーブルを指定する」に設定されている場合に表示されます。
対応内容
対応内容を登録します。
対応内容は、業務内容に応じて項目を追加することができます。
データ項目を追加する手順は「データ項目の追加」をご覧ください。
FAQが作成されている場合はFAQの回答文を引用することができます。
FAQの回答を対応内容に引用するには、予めデータ項目を追加しておき、追加したデータ項目を回答を反映するデータ項目として設定しておく必要があります。
設定方法は「利用するFAQを設定する」をご覧ください。
コメント
対応履歴にコメントを投稿することができます。
エスカレーション先を指定して投稿すると、1次対応で完了にならなかったお問い合わせなどを他のFlexCRMユーザに対応依頼することができます。
コール情報
ステータス
クリックすることで[完了/未完了]を切り替えることができます。対応が完了したら[完了]を選択してください。
日時
表示中の応対の受電日時を表示します。
発信者番号
通話相手先電話番号を表示します。クリックすると表示の番号へ発信することができます。
着信番号
着信した電話番号を表示します。
CTIの呼番号
呼毎にCTI側で割り振られた一意の番号を表示します。
対応者
初期対応したオペレータを表示します。
通話録音
[再生]をクリックすると、この応対の内容を音声で確認することができます。
ウェブフック
表示中の顧客情報を他のウェブアプリケーションに渡して、特定の処理をさせたり画面を表示することができます。
設定方法は「受電画面にウェブフックパネルを設定する」をご覧ください。
この顧客のコンタクト履歴
表示中の顧客からの受電履歴を表示します。表示をクリックすると、詳細画面を表示します。
その他の機能
顧客リスト
予め設定された顧客テーブルのデータをリスト表示します。電話番号や氏名から顧客を検索することができます。「横断検索タブを表示する」が設定されている場合は[]タブが表示され、複数の顧客テーブルを横断して顧客を検索することができます。
インシデント
インシデントテーブルに関連付けて案件ごとに管理する設定の場合に、インシデントのリストが表示されます。
FAQ
あらかじめ設定されたFAQを参照することができます。表示されたFAQは対応内容に引用することができます。
スクリプト
あらかじめ設定されたトークスクリプトを表示することができます。

補足

画面右上の[]をクリックすると、右パネルの表示/非表示を切り替えることができます。

対応履歴

受電の履歴を一覧表示します。プルダウンから業務フォーマット切り替えたり、顧客名などから絞り込み検索することができます。

  • 表示する業務フォーマットを切り替えます
  • 条件を指定して表示する対応履歴を絞り込み表示することができます。
    作成したフィルタに「初期値にする」設定をすると、その対応履歴一覧の表示時に、設定したフィルタが適用されて表示されます。
    ※ 100万件以上の対応履歴が登録されているコールセンターフォーマットでは、テキスト検索フォームは非表示になります。
  • アクションを選択:対応履歴をCSV形式でエクスポートしたり、対応履歴をインポートします。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。