プロセスの設定

※この設定はテーブル管理者のみがおこなえます

 

プロセス(業務手順)を設定すると、登録したレコードのプロセスの進捗状況を可視化することができます。また、通知ユーザを設定することで、実施漏れが発生しないようアラートが通知されます。
※ アラートは、期限日の前日および当日の午前0時にお知らせが送信されます。

 

 

【プロセスの設定手順】


 

  1. テーブルの管理画面から[プロセスの設定]、[追加]の順にクリックします。
  2. 必要事項を設定し[保存する]をクリックしてください。

    •  期限日の初期値
      データ登録日/最初のプロセスの期限日/最初のプロセスの実施日/直前のプロセスの期限日/直前のプロセスの実施日/直後のプロセスの期限日/最後のプロセスの期限日 を起点に日数を設定できます。
      ※ 0日を指定すると、当日を期限日に設定することができます。
    • 通知ユーザ
      設定されたプロセスの期限日にアラート通知されるユーザまたはグループの初期値を指定します。通知ユーザは複数選択することができます。
  3. 追加されたプロセスを削除する場合は[×]をクリックしてください。また、項目を左右にスライドしてプロセスの表示順を変更することができます。

    補足

    お知らせは、プロセスが追加または更新された時およびプロセスの期限日の前日および当日の午前0時に送信されます。
    通知の設定により「お知らせをメールで受信する」設定がされている場合は、プロセスが追加/更新された際の通知もメール送信されますが、期限日の前日および当日の通知はメール送信されません。

 

 

 

 

【プロセスの承認設定を利用する】


プロセスの承認機能とは、設定されたプロセスが完了登録された時点で承認者に承認依頼が通知され、承認されることによって完了が有効になる機能です。
プロセスの完了を登録することで上長(承認者)に自動で報告され、進捗や実施内容を確認することができるようになります。

 

  1. 承認設定を利用したいプロセスを選択し、プロセスの設定画面から[承認]タブをクリックしてください。
  2. 「プロセスの承認設定を利用する」を選択して必要事項を設定し、[保存する]をクリックしてください。

    • 承認ルート
      グループやユーザを指定して、承認者を設定します。複数の承認ルートを設定した場合は、表示順が承認ルートの順番となります。
    • 該当者が複数の場合
      「誰か1人の承認でよい」に設定した場合は、同一承認ルートに該当する承認者のうち1人が承認すれば次の承認ルートに進みます。
      「全員の承認が必要」に設定した場合は、同一承認ルートに該当する全ての承認者が承認するまで、次の承認ルートに進みません。
    • 決裁者該当なしの場合
      決裁者に設定されたユーザが存在しない場合の処理を指定します。
      ※ 最終的な決裁者とは、最終承認ルートに設定されたユーザを指します。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。