FlexDBでメニュー(テーブル)を作成する

FlexDBは、顧客リストや案件管理など、業務システムなどで広く利用されている「リレーショナル・データベース」を誰でも簡単に作成、利用することができる機能です。
顧客管理ソフトからエクスポートしたCSVファイルや自身で作成したExcelの顧客リストなど、既存のデータをドラッグ&ドロップでインポートすることができ、簡単にデータベースを作成することができます。

 

STEP1.手持ちの顧客情報などのデータをFlexCRMに取り込む
データをインポートする方法は2通り

  • ExcelやCSVファイルを取り込んで新たなテーブルを作成する
    既存のデータをFlexCRMに取り込んで、新たなテーブルを作成することができます。

    ExcelやCSVのデータを取り込んでテーブルを作成する

  • 既に作成されているテーブルにExcelやCSVファイルを取り込む
    FlexCRMのご利用開始時にテンプレートを選択されている場合は、「法人顧客」「法人担当者」など、あらかじめいくつかのテーブルが用意されています。これらのテーブルに既存のデータを取り込むことができます。

    1. 画面左上のをクリックしてメニュー画面を表示し、取り込みたいテーブルを選択します。
    2. 「アクションを選択」から「インポート」を選択し、画面の案内に沿ってインポートします。
      詳しい操作手順は、操作マニュアル「レコードの一括操作(インポート)」をご覧ください。

STEP2.[フィールドの設定] フィールドを追加したり入力規則を設定するなど、入力項目を整える
「法人顧客」などの、あらかじめ用意されたテーブルにフィールドを追加したり、自作のテーブルにも入力データに応じたデータ型を選択して、フィールドを設定します。

フィールドの設定

STEP3.[ビューの設定] 用途に合わせて表示レイアウトを設定する
表形式のテーブルビューや、商品などのサムネイル画像を並べて見られるアイコンビュー、モバイルデバイスで見やすいリストビューなど、用途に合わせて画面を作成することができます。

ビューの設定

STEP4.[プロセスの設定] 案件管理などでは、プロセスを設定して進捗状況を可視化
案件をプロセス管理することで、個々の案件で誰がどのような対応をしているのかがわかるようになるだけでなく、全ての案件の進捗状況を俯瞰的に確認することができるようになります。

プロセスの設定の設定

STEP5.[アクセス権限の設定] 必要に応じてアクセス権限を設定する
テーブル/ビュー/レコード/フィールドの各単位ごとに、利用者の役職やポジションに応じた閲覧・編集の制限を設定することができます。

アクセス権限の設定

STEP6.[通知・トリガーの設定] 条件を設定して通知が受け取れるようにする
「レコードが登録された時」「特定のフィールドが更新された時」など、条件によって指定したユーザに通知することができます。

通知・トリガーの設定

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。