アクセス権限の設定

※この設定はシステム管理者およびテーブル管理者のみがおこなえます

レコード操作のアクセス権限を設定します。
初期設定では、全員に全てのアクセス権がある状態に設定されています。必要に応じて、適用範囲/レコードの条件を追加してアクセス権限を設定してください。
システム管理者およびテーブル管理者は、アクセス権限の設定内容にかかわらず、すべての操作が許可されます。

レコードアクセス権を設定する

  1. 画面右上の[]をクリックしてテーブルの管理画面を表示し、[アクセス権限の設定]を選択します。
  2. [レコード]タブが表示されていることを確認し、[アクセス権を設定する]を選択します。
    [追加]をクリックして、権限を適用する対象・レコードの条件を設定し、[追加する]をクリックします。
  3. 追加した対象に必要な操作権限を設定し、[保存する]をクリックします。

補足

レコードの条件「なし」が設定されているアクセス権限よりも、レコードの条件が設定されているアクセス権限が優先して適用されます。

↑ ページの先頭へ

レコードアクセス権を編集・削除する

  • 追加したレコードアクセス権の適用対象やレコードの条件を変更するには、編集したい設定をクリックします。
  • レコード操作の権限を変更するには、各権限のチェックボックスをクリックします。
  • 設定を削除するには、削除したい設定の[×]をクリックします。

 

↑ ページの先頭へ

追加・一括操作の権限を設定する

レコードの追加および一括操作に関する権限を設定します。

初期設定では、全員に全ての操作権限があります。必要に応じて、対象を追加して権限を設定してください。
システム管理者およびテーブル管理者は、アクセス権限の設定内容に関わらずすべての操作が許可されます。
※「全員(デフォルト)」の設定は削除できません。

  1. テーブルの管理画面を表示し「アクセス権限の設定」を選択します。
  2. [追加・一括操作]タブを選択します。
  3. 「アクセス権の追加」から対象となるユーザやグループを追加して操作の権限を設定し、[保存する]をクリックします。

補足

テーブルの公開範囲やビューのアクセス権、フィールドのアクセス権の設定方法については、以下をご覧ください。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

1人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

1人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。