通知・トリガーの設定

※この設定はテーブル管理者のみがおこなえます

 

レコードの追加/編集/削除などの操作が行われた時に、指定したユーザへお知らせまたはメールで通知します。

 

【通知を追加する】


  1. テーブルの管理画面から「通知・トリガーの設定」を選択し、[+追加]をクリックしてください。
  2. 基本設定を設定します。

    通知名称:通知の設定に名前をつけて保存することができます。
    条件:次の条件から選択することができます。

    レコードが追加された時 ・レコードの追加画面またはインポートにより、レコードが追加された時
    ※ ウェブフォームからレコードが追加された場合は通知されません。ウェブフォームからレコードが追加された場合に通知を受け取りたい場合は、ウェブフォームの設定画面から管理者宛メールを設定します。詳しくは、操作マニュアル「ビューの設定(ウェブフォーム)」をご覧ください。
    レコードが編集された時 ・レコードの詳細画面または一括編集画面からレコードが更新された時
    ・インポートによりレコードが上書き更新された時
    レコードが削除された時 ・レコードの詳細画面から削除された時

    ・レコードが一括削除された時

    指定レコード値 ・レコードの追加/編集によって、フィールドの値が指定された値になった時
    指定フィールドが更新された時 ・レコードの編集によって、指定されたフィールドが更新された時

    アクション:通知の方法を指定します。

    お知らせを送信する FlexCRMのお知らせ画面に通知されます。「お知らせの宛先」からユーザを指定してください。複数のユーザを追加することができます。
    ・FlexCRMユーザ:ユーザを指定します。
    ・ユーザ型フィールド:テーブルに設定されているユーザ型フィールドを指定します。・レコード登録者:レコード登録者に対して通知されます。個人設定>通知で「お知らせをメールで受信する」に設定されている場合、そのユーザにはメールも送信されます。
    メールを送信する 指定されたメールアドレスにメールが送信されます。宛先は以下の方法から指定します。
    ・フォームに記載:フォームにメールアドレスを直接指定します。改行で複数のメールアドレスを指定することができます。
    ・FlexCRMユーザ:ユーザを指定します。選択したユーザにメールアドレスが登録されていない場合は、メール送信されません。ユーザにメールアドレスを登録する手順につきましては、操作マニュアル「ユーザの編集」をご覧ください。
    ・ユーザ型またはメールアドレス型のフィールド:テーブルにユーザ型フィールド/メールアドレス型フィールドが存在する場合、フィールドに登録された値に対してメールを送信します。
    ・レコード登録者:レコード登録者に対してメールを送信します。
  3. 通知内容を設定します。[通知内容]タブをクリックしてください。

    件名
    アクションが「メールを送信する」に設定されている場合に、メールの件名を設定することができます。
    [初期化する]をクリックすると、件名を初期化します。

    差し込み文章:お知らせまたはメール本文の前後に文章を差し込むことができます。
    通知内容:以下の内容を設定することができます。

    イベントの内容 レコードが操作された日時/操作したユーザ/操作内容(レコードの追加/削除など)を通知します。
    レコードのURL 操作されたレコードの詳細画面を表示するURLを通知します。
    レコード内容 通知の内容に含めたいフィールドを指定します。「通知フィールド」からフィールドを選択して下さい。
  4. [プレビュー]タブをクリックすると、設定した通知内容を確認することができます。内容を確認して、[保存する]をクリックしてください。

↑ ページの先頭へ

【通知の設定を編集する】


  1. 編集したい通知をクリックします。
  2. 必要な項目を編集し、[保存する]をクリックしてください。

 

 

 

【通知の設定を削除する】


削除したい通知の[×]をクリックすると、通知の設定を削除することができます。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。