フィールドの設定

この設定はシステム管理者およびテーブル管理者のみがおこなえます

FlexDBではあらゆるデータ型のフィールドを自由に設定することができます。また、条件によってフィールドの書式を変更したり、フィールドごとにアクセス権を設定することもできます。

フィールドを追加/編集する

  1. 画面右上の[]をクリックしてテーブルの管理画面を表示し、[フィールドの設定]を選択します。

  2. フィールドを追加する場合は[+追加]を、編集する場合は対象のフィールドをクリックします。
    フィールド名・データ型など、必要事項を設定し[変更内容を保存する]をクリックしてください。
    使用できるデータ型については、「FlexDBで使用できるデータ型について」をご覧ください。

  3. 設定できる項目はデータ型ごとに異なります。詳しくは、以下の各項をご覧ください。

    注意点

    1. 1行テキスト型/テキスト型は相互にデータ型を変更することができますが、テキスト型から1行テキスト型に変更する際は、既に登録されている値の120文字を超える部分は削除されますのでご注意ください。
    2. 選択肢型フィールドのタイプ(ラジオ・プルダウン・チェックボックス)は変更することができますが、複数選択(チェックボックス)から単一選択(ラジオ、プルダウン)へ変更する場合は、登録済のデータは引き継がれませんのでご注意ください。
    3. 各ビューでのフィールドの表示/非表示や表示順は、それぞれのビューの設定から設定することができます。

    補足

    参照型のフィールドを追加すると、関連づけられたテーブルのカードビューに、自動で関連データパネルが追加されます。

↑ ページの先頭へ

フィールドを複製する

複製したいフィールドの[]をクリックすると、そのフィールドを複製することができます。複製されたフィールドは、最後尾に追加されます。

↑ ページの先頭へ

フィールドの順番を入れ替える

データ項目をドラッグ&ドロップすることで、フィールドの順番を入れ替えることができます。ここで設定した順番は、データのインポート時にデータを取り込んで表示する際の表示順になります。
各ビューごとの表示順の設定は、ビューの設定で行ってください。

↑ ページの先頭へ

フィールドを削除する

データ項目を削除する場合は[×]をクリックしてください。

↑ ページの先頭へ

関連づけられたテーブルの値を初期値として設定する

他テーブルのフィールドの値を初期値として設定することができます。
例えば、販売履歴テーブルで商品マスタを参照しているとき、商品を選択すると商品マスタに登録されている単価を価格の初期値として表示することができます。
参照値を初期値として設定するには、あらかじめ参照したいテーブルをリレーション型フィールドとして設定しておく必要があります。

設定手順

  1. フィールドの設定画面を表示し、設定したいフィールドを選択します。
  2. [入力フォーム]タブをクリックし、「データコピー:関連づけられたテーブルの値」を選択します。
  3. あらかじめ設定されているリレーションを左側のプルダウンから選択し、初期値として取り込むフィールドを右のプルダウンから選択します。

補足

  1. 参照したいテーブルをリレーション型フィールドとしてあらかじめ設定しておく必要があります。
  2. 取り込んだ値を変更しても、参照元の値は変更されません。
  3. 取り込む(参照元)フィールドは設定中のフィールドと同一データ型である必要があります。ただし、1行テキスト型に限り、1行テキスト型の他に参照型フィールドを選択することができます。

↑ ページの先頭へ

他のフィールドに入力された値をコピーする

テーブル内の他のフィールドに値が入力されると、その値をコピーして自動入力することができます。

  1. フィールドの設定画面を表示し、値をコピーしたいフィールド(コピー先)を選択します。

  2. [入力フォーム]タブをクリックします。
    「データコピー:他のフィールドに入力された値」を選択し、コピー元のフィールドをプルダウンから選択してください。

補足

  1. データコピーの設定で、他のフィールドに入力された値をコピーできるのは、次のデータ型です。
    1行テキスト/テキスト/数値/電話番号/メールアドレス/リレーション
  2. レコード編集時、コピー元に指定されているフィールドは、個別編集することができません。編集画面を表示して編集してください。
  3. リレーション型フィールドに初期値コピーが設定されている場合で、該当するレコードが複数存在する場合は、フィールドが赤く表示されます。この時点ではフィールドの値は確定していません。[]をクリックして右パネルを表示し、関連づけるレコードを選択してください。

↑ ページの先頭へ

日時型フィールドをプロセスの期限や完了日と連係することができます。

  1. フィールドの設定画面を表示し、日時型フィールドを選択します。

  2. [プロセスの連係]の項目の「プロセスの日付と連係する」のチェックボックスをクリックし、連係するプロセス、期限/完了日 を選択します。

補足

  1. 結果プロセスでは、複数の結果ステータスが設定されている場合でも期限日に連係設定できる日時型フィールドは1つのみとなり、各結果ステータス共通の期限日となります。
  2. 連係設定しているプロセスが承認設定されている場合、完了日と連係している日時型フィールドにおいては完了日の参照表示のみとなり、フィールドは編集できません。
  3. 連係設定しているプロセスに「期限の変更権限」や「完了の変更権限」が設定されている場合、変更権限がないユーザは、連係している日時型フィールドを編集することができません。

↑ ページの先頭へ

ユーザ型フィールドをプロセスの担当者と連係することができます。

  1. フィールドの設定画面を表示し、ユーザ型フィールドを選択します。

  2. [プロセスの連係]の項目の「プロセスの日付と連係する」のチェックボックスをクリックし、連係するプロセス、期限/完了日 を選択します。

補足

  1. 結果プロセスでは、複数の結果ステータスが設定されている場合でも担当者に連係設定できるユーザ型フィールドは1つのみとなり、各結果ステータス共通の担当者となります。
  2. プロセスの担当者とユーザ型フィールドを連係設定すると、プロセスの担当者に設定できるのはユーザのみとなり、グループ・部署・職責ランクを担当者にすることができなくなります。

↑ ページの先頭へ

フィールドに条件書式を設定する

条件によって文字色やサイズなどの書式を変えることができます。

詳しい設定方法につきましては「フィールドの設定(条件書式を設定する)」をご覧ください。

↑ ページの先頭へ

フィールドにアクセス権限を設定する

フィールドに対するアクセス権限を設定します。

アクセス権 設定中のフィールドにアクセス権限のデフォルトの指定と、追加の設定ができます。ユーザまたはグループ単位で個別にアクセス権限を付与することができ、個別に設定した権限が優先されます。権限の種類には「閲覧・編集、閲覧のみ、アクセス不可」があり、アクセス不可に設定すると、対象のユーザは、レコード表示時、当該フィールドが表示されません。

設定例:特定のグループのみ閲覧・編集を許可し、その他のユーザは閲覧のみを許可する場合

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

2人中2人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

2人中2人がこの情報が役に立ったと言っています。