インポートして作成する

FlexDBを利用すると、業務システムで使用するリレーショナル・データベースを簡単に作成することができます。

 

テーブルの新規作成方法は、
・EXCEL、CSVファイルから取り込む
・外部アプリケーションのデータから作成する

・テーブル設計して作成する

の3つの方法から選択することができます。

作成手順(Excel・CSVのインポートによる作成方法)


  1. テーブルとして使用したいデータを準備します。
    ・データの先頭行に項目名が入力されている場合
    → 項目名をフィールド名として、そのままご使用いただけます。
    ・項目名が入力されていない場合
    → インポートする際、先頭行のデータがフィールド名として表示されていますが、新たにフィールド名を指定することができます。

    注意点

    1. EXCELファイルでのインポートは、一回につき 2MB のファイルまでインポートできます。ただし、数式や関数には対応しておりません。
      数式や関数を使用しているセルが存在する場合は値に置き換えてインポートしてください。
    2. CSVファイルでのインポートは、一回につき 20MB のファイルまでインポートできます。データ項目とデータ項目の間を「,」(半角カンマ)で区切ってください。
    3. 各レコードは、「改行」で区切ってください。
    4. 選択肢型のフィールドを作成する場合、データに入力されている値で選択肢を設定してテーブルを作成しますが、選択肢のコードは割り振られていません。インポート後にフィールドの設定で適宜コードを編集してください。
    5. 関連テーブル型のフィールドやチェックボックス等、複数の入力項目がある場合は、値を「,」(半角カンマ)で区切り、データ項目全体を「”」で囲んでください。[例]”1,2,3″
  2. 画面右上の[]から「FlexDB」を選択し、テーブル一覧画面左上の[+テーブルの追加]を選択します。
  3. 表示された作成方法から「EXCEL、CSVファイルから取り込む」を選択してください。
  4. ファイル選択、またはドラッグ&ドロップでファイルを取り込みます。
    画面上にファイル名が表示されたら[次へ]をクリックしてください。
  5. 作成するテーブルの名称を入力し、[次へ]をクリックしてください。
  6. データ開始行や各フィールドのデータ型などを必要に応じて設定し、[テーブルを作成する]をクリックしてください。表示される確認画面の[実行する]をクリックするとインポートが実行されます。

    フィールド名の行を指定
    インポート元のデータにフィールド名の行がある場合は、チェックを入れ、フィールド名の行を指定してください。作成するテーブルに新たにフィールド名を設定することもできます。その場合はチェックを外し、プレビュー表示されている表のフィールド名に入力してください。変更後は[更新する]をクリックして表示を更新してください。
    データの開始行を指定
    データの開始行を指定してください。変更後は[更新する]をクリックして表示を更新してください。
    データ型
    インポート元のデータから判断してデータ型を設定しています。データ型を変更する場合はプルダウンから選択してください。
    関係テーブル型を選択した場合、参照先のテーブルを既存テーブルから選択するか「新しく関連テーブルを作成」を選択してください。
    既存テーブルを選択した場合、選択したテーブルに該当するレコードまたは名称のレコードが存在する場合は、作成しようとするテーブルの当該レコードに関連づけられます。該当するレコードが存在しない場合は、新規レコードが追加されて関連付けられます。
    「新しく関連テーブルを作成」を選択した場合は、作成しようとするテーブルのフィールド名で関連テーブルが自動で生成されます。
  7. テーブルの作成が完了したら[テーブルビューを開く]をクリックして作成されたテーブルを確認してください。
    作成されたテーブルは、FlexDBのテーブル一覧に追加されます。テーブル一覧から作成したテーブルを選択すると、作成されたテーブルにアクセスすることができます。また、頻繁に使用するテーブルはメニューに追加することで、より簡単にテーブルにアクセスすることができるようになります。メニューに追加する方法につきましては「FlexDBのテーブルをメニューに追加する」をご覧ください。

 

 

注意点

※インポートデータ内の住所について、郵便番号・都道府県などがそれぞれのフィールドに分割されていても、連続して並んでいる場合は1つの住所フィールドとしてインポートします。

補足

  1. フィールド名について
    [フィールド名の行を指定]にチェックを入れた場合、選択された行がフィールド名として設定されます。
    チェックを外した場合は、各フィールドに任意のフィールド名を指定してください。
    なお、フィールド名はインポート後にフィールドの設定で変更することも可能です。
  2. データ型について
    インポートデータからデータ型を判断して表示していますが、データ型は変更することができます。
  3. データに空白行がある場合
    空白行はインポート対象から除外されます。
    ただし、インポート対象外としたフィールドに値が含まれる場合は空白行とはみなされず、空のレコードとしてインポートされます。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

1人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

1人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。