プロセスを編集(期限日の変更・完了登録)する

【プロセス表示の見かた】


プロセスが設定されているレコードの詳細画面ではプロセスバーが表示され、プロセスの進捗状況を確認することができます。
なお、プロセスの編集や完了登録は、詳細画面 / レコードの新規追加 / レコードの編集 いずれの画面でも操作できます。
プロセスの各操作については、以下をご覧ください。

プロセスを完了する

プロセスを完了申請する

プロセスの詳細情報を変更する

プロセスの操作履歴を確認する


※プロセスの進捗状況は、次のような色分けで表示しています。また、現在進行中のプロセスは点滅で表示します。
・ :未完了
・ :完了
・ :期限切れ
・ :申請中
・ :スキップ(このプロセスを完了しないで、次のプロセスが完了された場合)

【プロセスを完了する】


  1. プロセスの編集を行うレコードを表示します。編集するプロセスを選択し[このプロセスを完了にする]をクリックします。
    ※ [編集する]をクリックしても、同様に操作を行えます。
  2. 「完了にする」のチェックボックスをクリックし、必要に応じて担当者や完了日時を入力し、[保存する]をクリックします。
    ※ 「時刻指定」をクリックすると、時刻入力フォームが表示されます。また、をクリックすると現在の日時を入力することができます。

    ※ 「完了にする」をクリック時、担当者設定されていない場合はログインユーザが担当者に設定されます。

    補足

    チェック項目が設定されている場合は、すべての項目をチェックしないと完了登録することができません。

↑ ページの先頭へ

【プロセスを完了申請する】


承認フローが設定されているプロセスの場合、完了の登録には承認者による承認が必要となります。

  1. プロセスの編集を行うレコードを表示します。編集するプロセスを選択し[完了申請する]をクリックします。
    ※ [編集する]をクリックしても、同様に操作を行えます。
  2. あらかじめ設定されている承認フローが表示されます。承認者を確認し、変更する場合は[ユーザ選択]をクリックして承認者を選択します。「完了にする」チェックボックスをクリックし、必要に応じて担当者や完了日時を入力し、[保存する]をクリックします。
    ※ 「時刻指定」をクリックすると、時刻入力フォームが表示されます。また、をクリックすると現在の日時を入力することができます。

    補足

    1. 決裁者を未選択のまま完了申請することはできません。
    2. 申請すると設定された承認者に通知され、決済された時点で完了登録されます。
    3. 申請したプロセスが 決裁/差し戻し されると、申請者に通知されます。差し戻された場合は再申請することができます。
    4. 申請したプロセスの承認操作につきましては、操作マニュアル「申請されたプロセスを確認(承認・差し戻し)する」をご覧ください。
    5. 最初のプロセスに承認フローが設定されている場合、レコード新規追加時に「完了申請する」が初期選択されています。

↑ ページの先頭へ

【プロセスの詳細情報を変更する】


各プロセスの期限日を設定・変更したり、通知ユーザや担当者などの変更、完了済みプロセスの完了を取り消しを行います。

  1. プロセスの編集を行うレコードを表示します。編集するプロセスを選択し[編集する]をクリックします。
  2. 必要事項を編集して[保存する]をクリックします。

    補足

    期限の変更権限が設定されているプロセスの場合、権限が設定されたユーザしか期限を変更することができません。

↑ ページの先頭へ

【プロセスの操作履歴を確認する】


カードビューで操作履歴を確認したいプロセスを選択し、[操作履歴]をクリックすると、各プロセスの期限日の設定や担当者の変更など、プロセスに関する操作の履歴を表示します。

↑ ページの先頭へ

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。