承認申請されたプロセスを確認(承認・差し戻し・却下)する

承認処理が必要なプロセスが完了申請されると、承認者に承認依頼が通知されます。
承認者は内容を確認して、承認 / 差し戻し の処理を行います。

承認が必要なプロセスを承認/差戻しする

  1. 承認処理が必要なプロセスが完了申請されると、承認者として設定されているユーザのお知らせ画面に通知されます。
    通知をクリックすると、申請されたレコードのプロセスを表示します。

  2. 申請されている内容を確認し[回答する]をクリックします。
    申請を差し戻す場合は、差戻し先を指定して差し戻すことができます。
    承認処理は、レコードの詳細表示(カードビュー)/レコードの編集 いずれの画面でも操作できます。

  3. 画面下部に表示される「承認・コメント欄」に必要に応じてコメントを入力し、[承認]または[差し戻し・却下]をクリックします。
    • 差し戻しの場合は、差し戻し先を指定します。差し戻された申請は再申請することができます。
    • 却下された申請は無効となります。再び申請する必要がある場合は、新たなレコードで申請する必要があります。

補足

  1. 複数の承認者が設定されている場合は、承認処理を送信すると次の承認者に承認依頼が通知されます。
    差し戻し・却下の場合や最終決裁者の承認が完了した場合は、申請者に承認処理結果が通知されます。
  2. 日時型フィールドに「プロセスの連係」が設定されており、プロセスの完了日と連係する設定になっている場合は、当該プロセスが最終決裁者によって承認されるまで日時型フィールドに値は反映されません。

↑ ページの先頭へ

承認ルートを変更する

テーブル管理者・承認者に限り、申請中の承認ルートを変更することができます。

  1. 対象となるレコードプロセスを表示し、[承認ルートの編集]をクリックします。

  2. 承認者を追加または選択解除して[ 保存する ]をクリックします。

    「この承認ルートを保存する」にチェックすると、次回以降の当該プロセスの承認時に、保存した承認ルートが初期値として反映されます。

補足

  1. この操作が行えるのは、システム管理者、テーブル管理者、この申請に設定されている承認者 のみです。
  2. 承認者が変更されると、以下のユーザに変更内容が通知されます。
    ・申請者
    ・現在の承認ルートに追加された承認者
    ・現在の承認ルートから場外された承認者
  3. 承認ルートの設定で「初期値から変更不可」に設定されている承認ルートは、承認者を変更することができません。
  4. 承認者が一人でも承認操作を終えている承認ルートでは、承認者を変更することはできません。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。