ビューの設定(集計)

※この設定はテーブル管理者のみがおこなえます

 

 

レコードの表示方法(集計)を設定します。
集計ビューは、登録されたレコードを棒グラフ・折れ線グラフなどさまざまな形式でグラフ表示することでデータの傾向や分布を把握するのに適したビューです。

 

 

【設定手順】


  1. [ビューの設定]、[+追加]の順にクリックしてください。
    表示されるビューの追加画面でビューの種類[集計]を選択し、各項目を入力の上[新規作成]をクリックすると、地図ビューが作成されます。
  2. 集計ビューの設定するテーブルの管理画面を表示し[ビューの設定]、設定する集計ビューの順にクリックします
    必要事項を設定し、[保存する]をクリックしてください。

    基本設定
    このビューの名称や、アクセス制限などの基本情報を設定することができます。
    ビューのアクセス制限の設定方法につきましては「ビューごとにアクセス制限を設定する」をご覧ください。


     出力形式
    集計ビューで表示するグラフの種類を選択します。棒グラフ/円グラフ/ドーナツグラフ/折れ線グラフ/横棒グラフ/集計値 から選択することができます。
    ※ 各グラフの特徴につきましては「レポート>レポートの概要」も併せてご覧ください。

     横軸
    集計する項目軸を設定します。このテーブルに設定されているフィールドが対象となります。
    横棒グラフの場合は、3つまでの軸を設定することができます。

     縦軸
    集計の方法を設定します。集計方法は、合計/最大値/最小値/平均値/該当レコード数 から設定することができます。「該当レコード数」以外の集計方法を選択した場合は、集計する数値型フィールド選択します。

補足

集計の方法「平均値」は、集計の対象となるフィールドに値が入力されているレコードを集計の対象とします。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。