レポートの概要

FlexDBテーブル、コールセンター、アウトバウンドのデータを集計し、グラフで表現することができます。
レポートでは、データの種類によってわかりやすく表示できるよう、様々なグラフを用意しています。また、定期的にその時点でのデータを使ってグラフを作成するスナップショット機能もあり、スナップショットが自動的に作成されるようにスケジュールを設定しておくことで、レポートの履歴を追って確認することができます。
レポートで作成できるグラフの種類は次の通りです。

棒グラフ
選択した範囲の項目ごとの集計値を縦棒で表します。
通常、縦軸に数値、横軸に項目を配置します。
一定期間のデータの推移を調べたり、データ間の比較をしたりするのに適しています。

積み上げ棒グラフ
選択した範囲の複数の項目ごとの集計値を縦棒で表します。

円グラフ
項目ごとの集計値を円で表します。
1つのデータ系列における各項目が、全項目の総和に対する比率に応じたサイズで表示されるため、データの内訳や構成比率を表すのに適しています。

ドーナツグラフ
円の中心に穴の空いた円グラフで、円を重ねることで同時に複数の項目の集計値を表示することができます。

折れ線グラフ
項目ごとの集計値を線で結んで折れ線で表します。
データの変化を線の傾きとして視覚化することで、データの傾向を把握しやすくなるため、時系列のデータをグラフ化するのに適しています。

横棒グラフ(ランキング)
選択した範囲の項目ごとの集計値を横棒で表します。

データ抽出(テーブル)
選択した範囲のレコードを表形式で表示します。
表示形式は、参照するテーブルのテーブルビューから選択することができます。

集計値
選択した範囲における項目の合計値を表示します。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。