更新のお知らせ

機能追加

下記の内容を更新しました。

▼ 操作ガイド


  • FlexCRMの各メニューから、操作ガイドを参照できるようになりました。メニューバー右側の[]をクリックすると、該当するサポートサイトのマニュアルコンテンツに移動します。

▼ ダッシュボード機能に対応しました。


  • 任意のレポートを貼り付け、目的に応じて分析したいデータをレポートから選び、自由に画面上に配置することで直感的にわかりやすく情報を表示することができます。
    下記URLの操作ガイドの手順でメニューに追加してご利用ください。
    操作ガイド:https://support.flex-crm.com/add-menu/
    なお、ダッシュボードの操作方法につきましては、下記をご覧ください。
    操作ガイド:https://support.flex-crm.com/category/manual/analysis/dashboard-analysis/

▼ MYページ機能に対応しました。


  • ユーザに関係するレポートなどを予めピックアップして表示し、社内の業務状況などのリアル状況を確認することができます。
    下記URLの操作ガイドの手順でMYページフォーマットを作成すると、ホーム画面で選択・表示できるようになります。
    操作ガイド
    MYページフォーマットの作成:https://support.flex-crm.com/system-mypage-format/
    ホーム画面の見かた:https://support.flex-crm.com/top-page/

▼ 目標管理機能に対応しました。


  • 事前に目標を設定し、その後実績との対比をグラフでわかりやすく表示します。
    実績は値を直接入力するだけでなく、FlexDBのテーブルの指定したフィールドを定期的に自動集計することもできます。
    操作ガイド:https://support.flex-crm.com/category/manual/analysis/target-management/

▼ タスク管理


  • プロセスが設定されているFlexDBのレコードに期日と通知ユーザが設定されている場合、タスクが自動登録されるようになりました。
    操作ガイド:https://support.flex-crm.com/auto-task/

▼ FlexDB


  • 「フィールドの設定」で設定できる項目を追加しました。
    ・データ型が「住所」「日付」の時、表示形式を選択できるようになりました。
    ・データの初期値が設定できるようになりました(住所、ファイル、カテゴリー、関係テーブルの各データ型を除く)。
    ・初期値が設定されているフィールドで、「初期値から変更不可」を設定できるようになりました。
    ・数値型において、3桁ごとのカンマ区切り表示および小数点以下の有効桁数を設定できるようになりました。
    操作ガイド:https://support.flex-crm.com/manual-db-field/
  • レコード(カードビューで表示中のレコード)の複製が可能になりました。
    操作ガイド:https://support.flex-crm.com/flexdb-record-copy/
  • テーブルの複製が可能になりました。
    操作ガイド:https://support.flex-crm.com/flexdb-copy/
  • 「プロセスの設定」で通知ユーザと期限を設定するとタスクが自動登録され、対象ユーザ宛にアラートが通知されるようになりました。
    ・アラートは、期限日の1日前と当日の午前0時に通知されます。
    ・通知されたアラートは、FlexCRMホームの「お知らせ」でご確認いただけます。
  • カード、プロセスマップ、リスト、アイコンの各ビューにおいて、レイアウトを自由にカスタマイズできるようになりました。
    下記URLの操作ガイドの手順で、レイアウトを設定することができます。
    操作ガイド
    カード:
    https://support.flex-crm.com/flexdb-cardview/
    プロセスマップ:https://support.flex-crm.com/flexdb-view-processmap/
    リスト:https://support.flex-crm.com/flexdb-listview/
    アイコン:https://support.flex-crm.com/flexdb-iconview/
  • テーブルをカテゴリー分けできるようになりました。
    操作ガイド:https://support.flex-crm.com/table-category/
  • データのインポートで、選択肢/ユーザ/カテゴリー/関係テーブルの各データ型のデータを、コード指定することによりインポートできるようになりました。
    操作ガイド:https://support.flex-crm.com/manual-db-import/
  • テーブル管理の基本設定項目に「公開ステータス」を追加しました。
    システム管理者以外が作成したテーブルはすべてプライベートテーブル(作成者とシステム管理者のみが閲覧・編集可能)となります。
    一般ユーザが作成したテーブルを共有テーブルとして公開する場合は、システム管理者が公開ステータスを設定する必要があります。
    これ伴い、ビューごとに設定していたステータスは廃止となります。
    操作ガイド:https://support.flex-crm.com/flexdb-basic-configuration/
  • ビューの設定(カードのみ)で、メインパネルおよびサブパネルに関連テーブルのリストおよびアイコンの各ビューを表示できるようになりました。表示したいビューを関連テーブル側で設定した後にパネル追加操作を行ってください。
    操作ガイド:https://support.flex-crm.com/flexdb-cardview/
  • レコードに携帯電話番号が登録されている場合、SMSを送信できるようになりました。カードビューでレコードを表示し、電話番号をクリックするとSMSが作成できます。
    操作ガイド:https://support.flex-crm.com/flexdb-sms/

▼ お問い合わせ管理に対応しました。


  • 顧客からのお問い合わせなどに対しての対応状況を管理するメニューです。各担当者が入力した履歴はタイムライン形式で表示され、対応状況を時系列で確認することができます。
    操作ガイド:https://support.flex-crm.com/category/manual/other-menu/incident/

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。