レコードの検索/絞り込み

FlexDB内のレコードを検索する方法には、標準検索/カスタム検索があり、[]をクリックすることで検索パネルを切り替えることができます。

※ カスタム検索を利用するには、テーブル管理者またはシステム管理者がカスタム検索を設定する必要があります。カスタム検索の設定方法につきましては「カスタム検索の検索フォームを設定する」をご覧ください。

各検索方法につきましては、以下をご覧ください。
フィルタを用いて検索する
詳細検索
検索ロジックを追加して詳細な条件を設定する
テキスト検索
カテゴリーパネルを用いてレコードを絞りこむ
カスタム検索

 

 

 

【フィルタを用いて検索する】


フィルタプルダウンからフィルタを選択してレコードを検索することができます。フィルタには、以下の2種類があります。
・自分専用のフィルタ:ユーザ自身が設定するフィルタで、自分以外のユーザには表示されません。
・公開フィルタ:すべてのユーザが利用する事ができます。システム管理者またはテーブル管理者が設定するフィルタのうち、「公開する」に設定されているフィルタ。
新たにフィルタを作成する場合は[フィルタを追加]から検索条件を設定してください。

[現在の検索条件]をクリックすると、設定した検索条件を表示します。ここでは以下の操作ができます。
・検索条件やフィルタ名を変更してフィルタ設定を保存
・新しいフィルタとして登録
・このフィルタを削除

検索条件を解除したい場合は、[×]をクリックしてください。

 

 

 

【詳細検索】


検索条件を設定し、条件に該当するレコードを抽出・表示します。複数の検索条件を指定した場合は、AND検索(すべての条件に一致)またはOR検索(いずれかの条件に一致)を指定します。
設定した条件は、フィルタとして登録することもできます。

[現在の検索条件]をクリックすると、設定した検索条件を表示します。条件を変更したり、検索条件を新しいフィルタとして登録することができます。検索条件を解除したい場合は[×]をクリックしてください。

 

 

 

【検索ロジックを追加して詳細な条件を設定する】


演算子を使用して、より詳細な検索条件を設定することができます。

  1. 「フィルタを追加」または「詳細検索」をクリックしてください。表示される条件設定画面で「より詳細な条件設定」を選択してください。
  2. 検索条件のフィールドを選択すると、その検索条件に番号が表示されます。演算子を用いて、詳細な検索条件を設定してください。
    ・AND:両方の値と一致するレコードを検索します[例:1 AND 2]。
    ・OR:いずれかの値と一致するレコードを検索します[例:1 OR 2]。
    ・NOT:値を除外するレコードを検索します[例:NOT 1]。
    ・():連続したAND-OR を用いる場合は、()を用いて、優先順位を設定してください[例:( 1 OR 2 ) AND 3]。

    注意点

    論理式を入力する場合は、演算子は半角大文字で入力し、演算子や条件番号の間は半角スペースで区切ってください。

 

 

 

 

【テキスト検索】


レコード内のキーワードの一部などを入力してレコードを検索することができます。検索フォームの[×]をクリックすると検索内容をクリアします。

 

 

 

【カテゴリーパネルを用いてレコードを絞り込む】


テーブルのフィールドに選択肢型・日時型フィールドが含まれる、またはプロセスが設定されている場合にカテゴリーパネルが表示されます。プルダウンから絞り込み条件の対象となるフィールドやプロセスを選択して、レコードを絞り込むことができます。
カテゴリーパネルは[×]をクリックすることで非表示にすることができます。再表示するには、検索パネルの[]をクリックしてカテゴリーパネルの表示を選択してください。

 

 

 

【カスタム検索】


予め設定された検索フィールドを利用して検索します。
「自身が担当している顧客」「今週登録された案件」など、決まった条件で検索する場合に便利です。
※ 検索フィールドや条件の設定は、システム管理者またはテーブル管理者のみが操作できます。設定方法につきましては操作マニュアル「カスタム検索の検索フォームを設定する」をご覧ください。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。