レコードのコピー/移動

指定されたテーブルへ、1つまたは複数のレコードをコピー/移動することができます。

【操作手順】


  1. コピーまたは移動したいレコードを選択します。
    [Shift]キーまたは[Ctrl]キーを押しながら行をクリックすると複数レコードを選択することができます。

  2. 右クリックして[別テーブルへのコピー/移動]を選択します。
    ※ コピー/移動元テーブルのアクセス権限の設定で、削除権限(複数レコードを移動しようとする場合は、一括削除)が付与されていないユーザは、レコード移動の操作はできません。
  3. 必要事項を設定し、[コピー]または[移動]をクリックします。

    パターン
    コピー/移動先テーブルや対象フィールドの設定に名前をつけて、パターンとして保存することができます。保存済みのパターンはプルダウンから選択して利用できます。「新しいパターンを作成」をクリックすると、新たにパターン名をつけて保存することができます。
    コピー/移動先テーブル
    レコードをコピーまたは移動するテーブルを指定します。コピー/移動先テーブルに指定するテーブルに閲覧・追加権限が付与されていないテーブルを指定することはできません。
    対象フィールド
    コピーまたは移動するフィールドを設定します。設定するフィールドは、データ型が同一である必要があります。
    ※ リレーション型の場合、「参照するレコード数」の設定が、コピー/移動元テーブルで「複数のレコードの参照を可能とする」に設定されていて、且つ、コピー/参照先テーブルで「1つのレコードのみ参照する」設定の場合はコピー/移動できません。

    移動
    「レコードを移動する」を選択すると、移動先テーブルにレコードを移動します。移動元のテーブルからはレコードが削除されます。

 

注意点

  1. 移動の操作を行うには、移動元テーブルのアクセス権限の設定で、「削除」の権限が付与されている必要があります。同様に複数レコードの移動を行うには、「複数削除」の権限が必要です。削除権限を有しないユーザはレコードのコピーのみ操作できます。
    アクセス権限を変更するには、操作マニュアル「アクセス権限の設定」をご覧ください。
  2. コピー/移動先テーブルのフィールドアクセス権が「閲覧のみ」または「アクセス不可」に設定されているユーザは、当該フィールドについてはコピー/移動の操作ができません。
  3. 選択肢型フィールドをコピー/移動する場合は、選択肢の名称が同じ場合にのみコピー/移動します。また、複数選択(チェックボックス、階層型)から単一選択(ラジオ、プルダウン)へはコピー/移動できません。
  4. 計算結果型、参照型フィールドは、コピー/移動の操作を行うことができません。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。