Re:lationからFlexDB内の該当レコードを参照する

「Re:lation」に届いたメールなどから、メールアドレスが一致するFlexDBテーブル内のレコードを表示し、顧客情報などを確認することができます。

【設定方法】


 

  1. 「Re:lation」画面右上の設定メニューから[メッセージ環境設定]をクリックします。
  2. 表示されるメニューから[外部システム連携設定]を選択し、画面右上の[+]をクリックしてください。
  3. 必要事項を設定し、[保存]をクリックしてください。

    • 名前
      わかりやすい名称を自由に入力してください。
    • 文字エンコーディング
      「UTF-8」を選択してください。
    • URL
      参照するFlexDBテーブルのURLを指定します。以下を参考に設定してください。

      https://flex-crm.com/[ワークスペースID]/flexdb/[テーブルID]/card/

      ・ワークスペースID:FlexCRMお申し込み時にご指定いただいた、ワークスペースを識別する文字列です。
      「https://flex-crm.com/」に続く半角英数字の「/」までを指します。以下のURLを参考にしてください。
      ・テーブルID:テーブルを識別する文字列です。FlexDB管理画面 – 基本設定からご確認いただけます。

    • パラメータ
      パラメータキーに「word」と入力し、パラメータ値に「メールアドレス」を選択してください。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。