管理者の設定とアクセス権限について

FlexCRMでは、システム管理者を設定してユーザ権限を設定するだけでなく、メニューやFlexDBテーブルごとににアクセス権限を設定し、どのユーザが何を操作できるかを細かく設定することができます。

 

【システム管理者】


  • システム管理者
    FlexCRMの全てのメニューとその管理画面にアクセスすることができます。
    また、ユーザ/グループ設定、メニュー管理、システム設定など、FlexCRM全体に関わる設定を行えるのも、システム管理者のみです。
  • 一般ユーザ
    システム管理者に設定されていないユーザを指します。一般ユーザは、公開されている各メニューやFlexDBテーブルを閲覧および編集することができます。ただし、メニューやテーブルにアクセス権が設定されている場合は、それらの設定に準じます。

補足

システム管理者属性は、「ユーザ/グループ設定」から設定することができます。設定方法につきましては、操作マニュアル「ユーザ設定」をご覧ください。

 

 

 

 

【各メニューのアクセス権限】


利用中のメニューについて、左メニューバーへの表示/非表示をユーザおよびグループごとに設定することができます。

表示リストを設定すると、設定されたユーザまたはグループのみ、当該メニューがメニューバーに表示されます。
非表示リストを設定すると、設定されたユーザまたはグループは、当該メニューがメニューバーに表示されません。
各メニューのアクセス権限の設定方法につきましては、操作マニュアル「メニューにアクセス権限を設定する」をご覧ください。

 

 

 

【FlexDBテーブルのテーブル管理者とアクセス権限】


FlexDBでは、テーブルごとにテーブル管理者・アクセス権限を設定することができます。

  • テーブル管理者
    当該テーブルに対してすべての操作が可能です。テーブルの管理画面を操作できるのも、テーブル管理者のみです。
    設定方法につきましては、操作マニュアル「テーブル管理者の設定」をご覧ください。
  • アクセス権限
    一般ユーザで、かつ当該テーブルのテーブル管理者に設定されていない場合は、以下のアクセス権限が適用されます。
    すべて許可
    レコードの操作(追加・編集・複製・削除)が行えます。テーブルに対する操作は、エクスポートのみ可能です。
    閲覧のみ
    レコードを閲覧することはできますが、レコードの操作(追加・編集・複製・削除)やテーブルに対する操作(インポート・エクスポート・テーブルの削除)はできません。
    アクセス不可
    アクセス不可が設定されているユーザは、当該テーブルにアクセスすることができません。
    設定方法につきましては、操作マニュアル「アクセス権限の設定」をご覧ください。

補足

システム管理者は、テーブル管理者やアクセス権限の設定に関わらず、全ての操作が行えます。

 

 

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。