GenesysCloud連携設定

GenesysCloudと連携する際に、連携するURL等の情報を共有する必要があります。連携する内容は以下を参考に設定してください。

(1)GenesysCloudへ下記を設定します。

    • 認証クライアント情報の認証の付与タイプ
      – トークンの暗黙的な付与
    • 認証されたリダイレクトURI
      – https://flex-crm.com/ [ワークスペースID] /authc/purecloud/oauth/callback
    • 着信ポップアップ時の呼出URLの設定

      【連携するURLの設定例】

      https://flex-crm.com/ [ワークスペースID] /callCenter/zyuden/ [業務フォーマットID] /?mode=new&telno=”+Task.repAni+”&calledno=”+Call.CalledAddressOriginal+”&convid=”+Call.ConversationId+”&queuename=”+ToString(Call.CurrentQueue)+”&ch=101

       

      補足

      • – telno : お客様番号
        – calledno : 呼出番号
        – convid : カンバセーションID
        – queuename : キュー名
        – ch : チャネル(101→インバウンド, 102→アウトバウンド, 103→メール, 104→チャット, 105→LINE)

 

(2)FlexCRMへOauthの認証情報を登録します。

    • 下記内容をFlexCRMの担当者までご教示ください。
      – 認証URL
      – クライアント ID
      – クライアントシークレット

 

 

※ ワークスペースIDとは
FlexCRMお申し込み時にご指定いただいた、ワークスペースを識別する文字列です。「https://flex-crm.com/」に続く半角英数字の「/」までを指します。
※エンタープライズプランの場合、ご契約によりサブドメインの場合があります。
※ 業務フォーマットIDとは
コールセンターメニューで業務フォーマット作成時に指定する半角英数字です。コールセンター業務フォーマットの基本設定画面からご確認いただけます。

【着信イメージ】

 

補足

・フォーマット毎に連携URLを設定することができます。
・着信ポップアップ時の画面サイズは、widthを1300px以上でご指定ください。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。