概要(FlexDB)

FlexCRMのコアとなる機能です。顧客情報・ワークフロー等業務に必要なデータを自分で簡単に作成・カスタマイズすることができ、さまざまな情報管理に活用することができます。

 

【FlexDBで用いられる語句】


 

  • テーブル:FlexDBで作成される表を指します。
  • テーブル管理者
    テーブル作成時においてはテーブルの作成者を指しますが、テーブル管理者の設定でテーブル作成者以外のグループやユーザをテーブル管理者として追加することができます。テーブル管理者はフィールドやカテゴリーなどの設定権限を持ちます。
  • レコード:テーブルに登録されるデータを指します。
  • ビュー
    FlexDBで作成したテーブルの表示を指します。FlexDBではさまざまなビューを用意しており、用途に応じて最適なビューを作成し、それぞれカスタマイズすることができます。

    テーブル 行と列からなる表形式でレコードを一覧表示します。
    カード レコード1件ずつを詳細表示します。ビューの設定をすることにより、レコードに関連付けられたテーブルや地図情報などもリンク表示することができます。
    リスト レコードのアイコンと概要情報をリスト表示します。
    アイコン レコードのアイコンをサムネイル表示します。
    プロセスマップ プロセスごとにレコードを振り分けて表示するビューです。プロセスが設定されているテーブルのみ使用できます。
    ウェブフォーム 外部フォームを作成し、利用者から送信された情報をテーブルに自動登録することができます。各種申込フォームやお問い合わせフォームとしてご利用いただけます。
    地図 フィールド内に住所が登録されている場合、地図上にピンが表示されます。
    カレンダー フィールド内に日付が登録されている場合、カレンダー上に表示されます。
  • フィールド
    レコードを構成するひとつひとつの要素のことを指します。FlexDBでは様々なデータ型を用意しており、用途に合わせてフィールドに最適なデータ型を指定することで、より便利にデータを活用いただけます。
  • カテゴリー
    テーブルごとにカテゴリーを作成し、レコードを分類することができます。カテゴリーは複数の階層を作成でき、カテゴリーを設定すると、テーブル・リスト・アイコンの各ビューにおいてカテゴリーをツリー表示します。
  • フィルタ
    レコードの検索条件を予め作成しておくことができます。テーブルを参照する全てのユーザが使用できるよう管理者が作成するフィルタと、ユーザのみが使用するフィルタがあります。
  • プロセス
    テーブルにプロセスを設定することで、登録されているレコードの工程・進捗管理をすることができます。各プロセスには期限日や担当者を設定することができ、これらを設定することで期限前(※)に担当者にアラート通知します。
    ※ 設定された期限の1日前および当日の午前0時に通知します。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

4人中3人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

4人中3人がこの情報が役に立ったと言っています。