設定例④:来店者数の推移を折れ線グラフで表す

レポートを使用すると、アンケート結果や顧客情報、売上情報などから必要なデータをグラフにして可視化することができます。また、スナップショットの作成スケジュールを設定することで、設定された一定間隔で自動的にデータが集計され、データの変化量を分析できるようになります。


【来店者数の推移を折れ線グラフで表す】

来店者情報や来店日が登録されているテーブルから、月ごとの来店者数の推移を折れ線グラフで表す方法を説明します。
折れ線グラフを用いて時系列のデータをグラフ化することで、データの増減を把握しやすくなります。

  1. レポートを作成するにあたり、来店日とともに顧客情報が登録されたテーブルが予め作成されている必要があります。テーブルの作成方法につきましては、操作マニュアル「FlexDB – テーブルの作成・管理」の各項をご覧ください。
    ここでは、下図のようなテーブルを用いてレポートを作成します。
  2. レポートメニューを表示し、[+追加]をクリックします。
  3. グラフの出力形式を選択してください。ここでは[折れ線グラフ]を選択します。
  4. 作成するグラフに合わせて、レポート名を設定してください。
  5. 集計の対象とするテーブルを選択し、必要に応じてフィルターを用いて集計の範囲を設定します。
  6. 横軸(データの分類に使用する項目軸)を指定します。
    ここでは、2018/8/31から過去6か月間に登録された顧客数を月ごとに集計したいので、集計の間隔を[1か月]とし、集計期間を[2018/2/1~2018/8/31]と指定します。
  7. 集計方法を「合計/最大値/最小値/平均値/該当レコード数」から指定してください。ここでは[該当レコード数]を選択します。
  8. 必要に応じて、スナップショット作成スケジュールを設定してください。
  9. すべての設定が完了したら[作成する]をクリックしてください。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。