Re:lationとの連携を設定する

メール共有管理ツール「Re:lation」をご利用の場合、連携設定することでFlexDBのテーブル内に登録されたメールアドレスからRe:lationのタイムラインを確認することができます。

【設定方法】


Re:lation連携メニューを表示し、各項目を設定後、[保存する]をクリックしてください。
※メニューに表示されていない場合は、[メニュー管理 – マーケットから]より、Re:lation連携メニューを追加してください。メニュー追加の詳しい操作方法につきましては、操作マニュアル「マーケットからメニューに追加する」をご覧ください。

連携状況

Re:lationとの連携(する/しない)を設定します。

サブドメイン
ご利用のRe:lationのサブドメインを入力してください。
サブドメインとはRe:lationサイトURL(https:// ●●●.relationapp.jp/…)の「●●●」の部分です。

受信箱ID
新規メールを送信したいRe:lationの受信箱IDを入力してください。

補足

受信箱IDは、Re:lationシステム設定画面の受信箱名横に表示されている「#」から始まる数字を指します。Re:lationのシステム設定は、アカウントオーナーのみが参照できます。
※ Re:lation連携設定画面の[受信箱ID]にはこの数字のみを入力してください。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。