社内メールのUIが新しくなりました

機能追加

いつもFlexCRMをご利用いただき、誠にありがとうございます。最新のアップデート情報をお知らせします。
社内メールのUIが新しくなりました。
社内メールは、社内のFlexCRMを利用しているユーザ間でメールのやりとりができる機能です。宛先に設定できるのはユーザ、グループ、部署、職責ランクの他、ユーザごとに自由にメールグループを設定することができます。
自分宛てに届いたメールは、お知らせ画面に通知され、通知をクリックしてメールを確認します。受信したメールはスレッド表示され、送信後でも宛先を追加することが可能。プロジェクトの途中で参加したユーザも過去のやり取りをさかのぼって確認することができます。
詳細な更新内容は、以下をご確認ください。

社内メール


■UIが新しくなり、スレッドごとにメールが確認できるようになりました
縦に分割したレイアウトに変更しました。従来のレイアウトに変更するには「表示>クラシック表示」を選択します。

■送信後のメールに宛先を追加できるようになりました
宛先に指定し忘れたユーザや、後からグループに参加したユーザなど、送信後のメールであっても宛先にユーザを追加すれば、過去にさかのぼってメールが確認できるようになります。

■個人グループが作成できるようになりました
ユーザを宛先に指定できるのはもちろん、あらかじめ設定された部署やグループ・職責ランクのほか、ユーザごとに自由にメールグループを作成することができます。

詳しくは、下記URLの操作マニュアルをご覧ください。
社内メール:https://support.flex-crm.com/category/manual/groupware/mail/

FlexDB


■カードビューにワークフローパネルが追加でき、レコードに関連するワークフローが参照できるようになりました
ワークフローの申請フォーマットにリレーション型の拡張フィールドが設定されている場合において、リレーションされているFlexDBテーブルのカードビューに、ワークフローパネルを追加することができ、レコードの詳細を確認しながらワークフローの進行状況を確認することができます。

補足

  • ワークフローパネルが追加できるのは、自分がワークフローフォーマットの管理者になっているものに限ります。
  • カードビューに追加されたワークフローパネルで、申請データを確認できるのは以下の通りとなります。
    [申請者] ステータスが「申請待ち」「承認済み」の申請データ
    [承認者] ステータスが「承認」の申請データ
    [ワークフロー管理者] ステータスが「申請中」「承認」の申請データ

詳しくは、下記URLの操作マニュアルをご覧ください。
ビューの設定(カード)>ワークフローパネル:https://support.flex-crm.com/category/manual/groupware/mail/

▼ その他


  • 軽微な不具合の修正及び画面の改善を行いました。

 

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。