FlexDB データフィールドの取得

FlexDBで作成した各テーブルのデータフィールド(データ項目)一覧を取得します。

 

  • フォーマット
エンドポイント(URL) https://flex-crm.com/<site_id>/api/v1/flexdbFields/<table_id>
HTTPメソッド GET
リクエストヘッダ(APIキー) 認証用のAPIキー

※<site_id> は ワークスペース申込み時 に登録されている “ワークスペースID” です。
※<table_id> は FlexDB に登録されているテーブルの “テーブルID” です。各FlexDBの設定画面の基本設定よりご確認ください。

 

  • 取得できるデータ項目
status ステータス
fields フィールド情報

<フィールドID>:{
  displayName :<表示名>
  inputType:<データ型>
  option:<選択肢情報 [選択肢ID:選択肢名称]>
}

※システムフィールドは、displayNameのみ返却します。
  (レコード番号・登録管理者ID・更新管理者ID・ユーザ更新日付・更新日付・作成日付)

 

  • リクエスト例

https://flex-crm.com/flex/api/v1/flexdbFields/tbl_customer

X-FlexCRM-API-KEY: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

 

  • レスポンス例

GET https://flex-crm.com/flex/api/v1/flexdbFields/tbl_customer

{
  status: “success”,
  fields: {
  id: {
    displayName: “レコード番号”
  },
  create_user_id: {
    displayName: “登録管理者ID”
  },
  update_user_id: {
    displayName: “更新管理者ID”
  },
  update_date_for_user: {
    displayName: “ユーザ更新日付”
  },
  update_date: {
    displayName: “更新日付”
  },
  create_date: {
    displayName: “作成日付”
  },
  code: {
    displayName: “顧客コード”
    inputType: “テキスト”
  },
  title: {
    displayName: “顧客名”
    inputType: “テキスト”
  },
  text: {
    displayName: “顧客名かな”,
    inputType: “テキスト”
  },
  text2: {
    displayName: “電話番号”,
    inputType: “電話番号”
  },
  number: {
    displayName: “メールアドレス”,
    inputType: “メールアドレス”
  },
  select: {
    displayName: “年代”,
    inputType: “選択肢”,
    option: {
      1: “20歳未満”,
      2: “20代”,
      3: “30代”
      4: “40代”
      5: “50代”
      6: “60代”
      7: “70歳以上”
    }
  },
    …

 

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。