エラーコード

APIはアクセス失敗時に以下のようはHTTPステータスコードを返します。
また、JSONデータの”status”項目に”error”を返します。

 

200 OK リクエストは正常に完了しました。
201 Created 新規データが作成されました。
400 Bad Request リクエストは不適切です。
401 Unauthorized リクエストが許可されていません。
403 Forbidden ユーザを認証出来ません。
404 Not Found リクエストに指定されたエンドポイントは有りません。

例:エンドポイントが無かった場合

{
  “status”: “error”,
  “error”: “Unknown method.”
}

 

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。

より良いサポート情報提供のために、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

0人中0人がこの情報が役に立ったと言っています。